不動産 土地売却

土地売却の悩みや問題はどこに相談したら良い?【相談先を紹介】

悩んでいる人
土地の売却をしたいけど、どこに相談すれば良いの?

 

こんな疑問に答えます。

 

この記事を読むと分かる事

  • 土地売却についての相談先が分かります
  • 土地売却について相談する前に知っておいた方が良い事がわかります

 

モトキさん

この記事を書いている私モトキは、不動産会社を経営者兼店舗責任者として10年ほど運営していました。このメディアでは、その知識と経験に基づいて暮らしと不動産に関する有益な情報を発信しています。

 

土地などの不動産取引には、専門的な知識が必要です。いろいろな専門家が関係してくるので、誰に何を相談すれば良いのかわからないと感じる事があるかもしれません。

土地に限らず不動産の売却に関する問題は、個別具体的に状況を知らないと正確な答えは出せません。

 

○○知恵袋など、インターネット上で相談をされる方もいらっしゃいますが、不明確な質問に対して、不正確な回答がされていたりします。
とんでもない回答が「ベストアンサー」に選ばれていたりして正直「怖いな・・」と感じます。

 

土地の売却については、きちんとした知識と経験を持った専門家に相談をするべきです。

この記事では、土地を売却する時の相談先と、相談する前に知っておいた方が良い知識を解説します。

 

土地売却に関する総合相談窓口は不動産仲介会社

土地の売却についてまず相談するべき相手は、やはり不動産仲介会社です。

実際に土地を売却する為には、不動産仲介会社の力を借りる必要があります。

 

不動産会社に相談する前に知っておいた方が良い事

土地の売却をする時の相談先が不動産会社であるという事は、誰でも理解できると思います。とはいえ、相談したら丸め込まれてしまうのではないかとか、騙されるのではないか、と心配される方もおられる事でしょう。

そうならない為に、不動産会社について知っておいた方が良い事をご紹介します。

  • 収入は成功報酬
  • 専門分野がある
  • 幅広い専門知識を持っている
  • 業者選びは重要

 

収入は成功報酬

不動産仲介会社の主な収入源は仲介手数料です。

仲介手数料は、不動産の売り手と買い手をつないで売買契約を成立させる不動産会社の報酬で、この仲介手数料はあくまで成功報酬です。

 

つまり、土地の売却について不動産会社に相談しても、費用が掛かる事はありません。相談無料です。

 

とはいえ、誰でもただ働きはしたくないものです。不動産仲介会社も同じです。特に不動産仲介会社の仕事は、時間と手間が掛かるわりに、報酬を得られるかどうかが確かではないので、不動産会社の営業マンは、相談者がお客さんになるのかどうかを見極めたがります。

 

頼んでも良いと思える不動産会社に初めから相談しましょう

相談した不動産会社に売却を依頼するのが理想です。不動産会社に相談するときは、頼んでも良い不動産会社かどうかを見極めるという目的も持って相談すると良いです。

 

不動産会社に相談するときは、自分の状況をきちんと説明しましょう

例えば、すぐに売るつもりがないのであれば、そう伝えたあげた方が親切です。営業マンは、一度相談に乗ったからには、お客さんを他の不動産屋に取られたくないと考えるので、しつこく営業してくるかもしれませんよ。

 

不動産会社の営業マンと人間関係を築くようにしましょう

成功報酬で動く不動産仲介会社なので、ボランティアで相談に応じるわけではありません。とはいえ、仕事をするのはやはり人なので、「このお客さんの相談に乗ってあげよう、助けてあげよう」と相手に思ってもらう事は大切です。

営業マンと良い人間関係が築ければ、仲介手数料にかかわらず力になってくれるかもしれませんよ。

 

専門分野がある

不動産会社であればどの会社に相談しても良いというわけではありません。不動産会社ごとに専門分野があります。業務としては取り扱いできるとしても、得意不得意や経験値に差があります。

例えば、賃貸を専門にしている不動産会社はあまり売買仲介には詳しくないですし、マンションばかりを取り扱っている業者は土地の取引経験があまりないという可能性もあります。相談する不動産会社の専門分野を見極める事は、その後の販売活動にも影響があるので大切です。

 

幅広い専門知識を持っている

不動産仲介会社は、土地などの不動産取引のプロです。販売の価格や方法などについて、知識に基づいたアドバイスをする事ができます。

後述しますが、税金や測量、登記などにはそれぞれ資格がありその分野の専門家がいます。

とはいえ、ほとんどの不動産仲介会社の営業マンも基本的な知識なら持っています。誰に聞いたら良いのかわからないような内容は、不動産会社の営業マンに聞くとある程度の事なら教えてくれるはずです。

 

ココに注意

税金や裁判がらみの事などについて、具体的な判断を要する場合には、弁護士や税理士などの専門家に相談する必要があります。

 

業者選びは重要

土地の売却について相談する際には、相談する業者をきちんと選ぶのは重要です。親身になってくれる業者を探して相談するようにしましょう。

大手だからといって信頼できるとは限りません。大手の不動産会社の中には、ノルマが厳しく何がなんでも仲介手数料を稼ごうとする営業マンが多い会社もあります。

相談先として特に良いのは、友人や家族から紹介してもらう不動産会社の営業マンです。不動産会社の営業マンは、紹介のお客さんを非常に大切にします。紹介してもらえると単純に嬉しいですし、自分の評判を落としたくないので、無理な営業活動をしなくなります。

 

土地売却に関する登記についての相談は司法書士

土地の登記や権利関係についての相談先は司法書士です。

司法書士は、不動産の登記に関する専門職で、認定された司法書士は簡易裁判所における訴訟の代理もする事ができます。

土地の名義変更登記や相続登記などについて相談したい事があれば、司法書士に相談しましょう。

 

司法書士に相談する費用は?

法律相談の場合の相場は、30分5,000円程度です。

登記手続きを前提とした相談であれば、ほとんどの司法書士が無料で行なってくれるでしょう。

 

司法書士はこちらで探す事ができます。

【司法書士会連合会】公式ホームページ

 

法務局でも相談できる

登記手続きは、司法書士に依頼せず、本人が行うこともできます。土地の所在地を管轄している法務局に行けば、窓口があるので、そこで登記についての相談する事もできます。

全国の法務局の所在は法務省のホームページで確認できます。

【法務省】公式ホームページ

 

土地売却の為の測量や境界についての相談は土地家屋調査士

登記を前提とする測量は、土家屋調査士の仕事です。

例えば、隣地との境界がはっきりしない土地を売却する場合などには、測量して確定測量図を作成する必要があります。また、土地を分筆(分ける)するときや、土地を測量して正確な広さに登記を直す場合なども土地家屋調査士が行います。

土地家屋士が行う登記は「表示登記」と言います。これは不動産の種類や地積などの部分の情報の登記の事です。

 

土地を売却するときに、境界をきちんとしておく事は非常に大切です。敷地の境界にトラブルがあるとその土地を売るのは非常に難しくなってしまいます。

境界をはっきりさせないままで土地を売却する事もできますが、後々トラブルになり訴訟に発展する可能性もあるので、注意が必要です。

 

さらに詳しく

道路部分との境界など、役所がからむ境界に確定には、非常に時間がかかります。境界確定が必要となる場合には、早めに土地家屋調査士に相談するようにしましょう。

 

土地家屋調査士への相談する費用は?

土地家屋調査士は、測量と登記をして報酬を得るのが普通です。基本的に相談や見積もりは無料で行なってくれるでしょう。

土地家屋調査士に依頼する前に、法務局の窓口に行って相談する事もできます。法務局の職員が登記の手続きの方法や内容について説明してくれるでしょう。

【土地家屋調査士会連合会】公式ホームページ

 

土地売却に関する税金についての相談は税理士

税金について正確な回答を必要とする場合、相談先は税金の専門家である税理士です。

土地売却に関係する税金は様々あり、節税の仕方もたくさんあります。

税理士以外の者が、業務として税務相談を受ける事はできません。税金についてある程度知識がある不動産会社の営業マンでも、税金についての助言をする事はきません。

 

さらに詳しく

税金の知識は広範囲にわたり、法律の改正や新しい制度が出てくる事も多い為、後でトラブルになる事を恐れて、税金については一切アドバイスをしない営業マンも多くいます。

 

税理士に相談する費用は?

税理士に税務相談をするには、費用がかかります。

税理士の相談料は、30分5000円程度が相場と言われています。

 

無料で税理士に相談できる?

税理士会が時々無料の相談会などを開催しているので、そのような機会を利用すれば無料で相談する事ができます。

【日本税理士会連合会】公式ホームページ

 

 

ココがポイント

特に確定申告については、申告の時期が近づくと各地で「無料相談会」が開催されるので、それを利用すれば具体的なアドバイスが得られますよ。

 

「国税局電話相談センター」を利用すれば無料で税金について相談する事もできます。

国税庁ホームページ:【税についての相談窓口

 

さらに詳しく

無料相談での回答は基本的には一般的な内容になりますし、税務署に節税の方法を聞くのもナンセンスですので、きちんとした回答が必要な場合は税理士を探して相談するようにしましょう。

 

土地売却の契約上のトラブルについては弁護士

土地売却の契約上のトラブルが発生した場合の相談先は弁護士です。

また、離婚による財産分与が関係していたり、相続での遺産分割に争いがある場合なども、相談先は弁護士です。

 

弁護士の相談料は?

弁護士の相談料の相場は、30分5,000円、1時間で1万円程度です。

 

弁護士に無料相談はできる?

弁護士の無料相談は「法テラス」を利用しましょう。「法テラス」は、国によって設立された法的トラブル解決のための「総合案内所」です。

収入が限られているなど、一定の条件を満たせば利用する事ができます。

【法テラス】公式ホームページ

 

土地の客観的な価格が知りたい時は不動産鑑定士

土地を売却するための価格を知りたい時は、不動産会社の価格査定を利用できます。不動産会社が算出する査定価格というのは、過去の取引事例に基づいて、3ヶ月以内に売れるであろう予測の価格です。

この価格には、どうしても不動産会社の思惑など、経済的な事情が影響してしまいます。税務署や裁判所が関係する場合などには、もっと公平で客観的な価格が必要となる事があります。

そのような場合、不動産鑑定士に依頼して土地を鑑定評価してもらいます。

 

不動産鑑定士の相談料は?

不動産鑑定士に相談する時は、不動産の鑑定評価を依頼する時です。不動産鑑定士の報酬は、鑑定する不動産によって異なります。

不動産鑑定の費用を知るには、見積もりを依頼する必要がありますが、不動産鑑定には、専門的な知識が求められるため、費用は高額になる場合があります。

 

【日本不動産鑑定士協会連合会】公式ホームページ

 

まとめ

  • 土地の売却について総合的に相談するなら不動産仲介会社
  • 土地の登記や権利関係については司法書士
  • 土地の測量や境界については土地家屋調査士
  • 土地売却に関する税金の相談は税理士
  • 契約に関するトラブルなどは弁護士
  • 土地の客観的価格を知りたい場合は土地家屋調査士

-不動産, 土地売却

© 2021 暮らしと不動産の参考書